インクジェットプリンターの比較表

家庭でのデスクワーク用のインクジェットプリンターを探す方法・手順をまとめています。

昨日、キヤノン PIXUS MG7530がサポート番号 6800で電源を入れた後に落ちる現象が起こりました。調べてみたものの直りそうになく、修理するにも修理代を払うくらいなら新しいプリンターを購入したほうがお得なことがわかりました。

第一かなり古い機種なので買い替える時期でもありました。

関連: キヤノン PIXUS MG7530がサポート番号 6800で電源を入れた後落ちる

購入するプリンターの条件

まずは、新しく購入するプリンターの条件を洗い出しました。

  • とにかく急いでいる
  • 複合機
  • できればモノクロ
  • 無線LAN、コーピー、スキャン、両面印刷
  • インクジェット、レザーとわない
  • 予算は~3万円
  • メーカーはキヤノン、エプソン、ブラザー
  • ランニングコストが安いほうがいい
  • インク代が安いほうがいい
  • 印刷スピードは問わない
  • 給紙方法は問わない

「とにかく急いでいる」「複合機」は必須項目です。今回はモノクロ専用機も視野に入れて比較してみたいと思います。というのも、3種類のプリンターを合計で20年以上使用してきましたが、結局のところモノクロ中心でカラーは必要ないのでは?と思うようになったからです。

カラープリンターでないといけない場合を考えると、色分けされているページやグラフなど、写真、ハガキくらいです。

複合機は必須項目としましたが、複合機 + 単機能のモノクロ専用機の運用も考えられるため、モノクロ専用機については単機能の機種も追加しました。

比較表の作成

キヤノン、エプソン、ブラザーのホームページから予算範囲のプリンターを絞り込み、グーグルスプレッドシートにまとめました。参考にするため、現在持っている「PIXUS MG7530」も表に含めました。

項目は、型番、価格、インクの色数、複合機、コスト(カラー)、コスト(モノクロ)、耐久枚数です。

インクジェットプリンターの比較表

インクジェットプリンターの比較

作成した比較表をもとにインクジェットプリンターを比較していきます。比較表は以下のページにまとめました。

家庭でのデスクワーク用のインクジェットプリンター(~約3万円)を比較

最終的にモノクロ複合機に決定、絞り込むと以下のようになりました。

メーカー型番価格インク複合機コスト(カラー)コスト(モノクロ)耐久枚数
キヤノンGM403028,707円1色約8.3円約0.4円
エプソンPX-M160T29,800円1色約0.4円5万ページ
エプソンPX-M270T34,800円1色約0.5円10万ページ

コスパと今後の運用を考えてエプソンのPX-M160Tに決めました。

購入したのは楽天市場の「イーベストPC・家電館」というショップです。価格は29,774円(税込)、送料無料でした。