払込取扱票の裏面

「あいおいニッセイ同和損保」の自動車保険で私の不手際で3か月ほど口座振替ができていませんでした。払込取扱票が郵便できて、いつもならコンビニ支払いで済ますんですが、コンビニ以外にスマホ決済サービスでも支払えることがわかりました。前から気になっていた「楽天ペイ」でも支払える!ポイント獲得&消化も期待して支払ってみることにしました。

結論から言うとめちゃくちゃ簡単でしたし、いつものようにコンビニに行く手間はいらない。楽天ポイントが消化できた (しかも期間限定ポイントまで)。楽天ポイントが獲得できた。楽天カード払いなのでさらにポイント獲得。

あいおいニッセイ同和損保 保険料スマホ決済サービスへ

払込取扱票の裏面にQRコードがあるのでカメラで読み込みます。

払込取扱票の裏面

リンクが表示されるのでタップすると、「あいおいニッセイ同和損保」の保険料スマホ決済サービスページに移動します。

「あいおいニッセイ同和損保」の保険料スマホ決済サービス(払込票払)

下へスクロールして、「お支払い方法の選択に進む」をタップします。

「お支払い方法の選択に進む」をタップ

お支払方法の選択画面が表示されるので「楽天ペイ」をタップします。

お支払方法の選択画面

お支払い内容を確認して「Rpay 楽天IDでお支払い」をタップします。ここで気づいたのですが、楽天ペイって楽天ID決済のことだったんですね。どうりで楽天ペイアプリとかいらないわけだと思いました。ならパソコンでもできればいいのにとも思いました。

お支払い内容を確認

楽天市場の楽天ペイ決済

楽天のページに移動します。楽天会員のユーザIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップします。ここからは見慣れた画面です。

楽天会員ログイン

「注文確認画面へ進む」をタップしそうになるのを我慢して、下へスクロールして、

ポイントの利用を選択

ありました。ポイントが利用できます。しかも期間限定ポイントも使える。楽天カードの支払いで期間限定ポイントを使えなかったのでよかったです。一番下までスクロールして「注文確認画面へ進む」をタップします。

「注文確認画面へ進む」をタップ

クレジットカードのセキュリティコードを入力して「この内容で注文する」をタップします。

セキュリティコードを入力して「この内容で注文する」をタップ

しっかりポイントも「今回のお買い物で獲得予定のポイント: 131ポイント」獲得できています。下へスクロールして、

今回のお買い物で獲得予定のポイント: 131ポイント

「この内容で注文する」をタップします。むやみにメルマガは購読しないのですが、楽天ペイデビューもかねて「楽天ペイからのお知らせ」のチェックは入れたままに。

「この内容で注文する」をタップ

お手続き完了

「あいおいニッセイ同和損保」の画面に戻り「お手続き完了」です。

「あいおいニッセイ同和損保」の画面に戻り「お手続き完了」

「あいおいニッセイ同和損保」の自動車保険料をスマホ決済サービス (楽天ペイ) で支払ってみました。思ったよりも簡単だったので、なんでもっと早くやらなかったんだろうって後悔しています。楽天ペイが楽天ID決済だとわかっていたらもっと早く済ませていたかもしれません。というか「楽天あんしん支払いサービス」が「楽天ID決済」に名前が変わって、さらに「楽天ペイ」になったなんて知らなかった。

以下、参考までに。

あいおいニッセイ同和損保 保険料スマホ決済サービスについて

利用可能な決済サービスは以下の通り。

  • ドコモ払い
  • Yahoo!ウォレット
  • auかんたん決済
  • 楽天ペイ
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • LINE Pay
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • Apple Pay
  • PayPal
  • 銀聯ネット決済

決済サービスは、以下の契約の保険料払込方法で「払込票払」を選択した場合に利用できます。

  • 自動車の保険の場合、保険始期日が2020年1月以降のご契約
  • すまいの保険、ケガの保険、その他の保険の場合、保険始期日が2019年10月以降のご契約

保険始期日が2020年1月以降のご契約なので不備で遅れたことが「怪我の功名」でした。

PS.
あいおいニッセイ同和損保の公式ホームページでは「保険料スマホ決済サービス」を以下のように説明しているんですが、もう少し具体的なバージョン (ドコモ払いではこんな感じみたいな) の説明もほしいかなと思いました。これじゃイメージがわかない。

あいおいニッセイ同和損保 保険料スマホ決済サービス